津波に備えるための第一歩
避難階段について

従来の一般的な流れは、お客様(企業、法人)から建設会社数社に階段の見積もりの依頼があり、
数社で見積りをして、入札で請負会社が決まります。
その後、建築会社は基礎・階段などそれぞれ別々の専門業者に仕事を依頼します。
避難階段の場合は、柱と梁は○○鉄工が作り、階段は○○鉄工の下請け業者が製作するというのが
一般的です。

弊社としましては、『お客様により近く』と考え、設計から製作までを一貫して行いたいと考えております。
すでに直接ご依頼を頂き、製作から完成までの実績もございます。

鉄骨の階段だけを作りたい場合には、中間コストを省くことも可能です。 津波対策や震災に備えて避難階段に興味がありましたら、お気軽にお問合せくださいませ。

一般的な注文の流れ フローチャート
スズヒロの流れ フローチャート
お問合せ|施設階段・住宅階段・避難階段・製缶・配管など、鉄骨に関することなら、お気軽にお問合せ下さい。